読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらのブログ。

ポケモンのこと書いてます。

【オフレポ】とらのまったり一人旅行【ファクトリーオフ編】

どうもとらです。

 

今回は僕がGWに参加させていただいたBBQオフ、ファクトリーオフのオフレポを書きます。

初めて書くので駄文長文になるかもしれませんが悪しからず、ということで勘弁してください。

 

前回の記事【オフレポ】とらのまったり一人旅行 【カスミさんBBQオフ編】 - とらのブログ。に続きまして、今回はファクトリーオフの方を書いていきます。

 

前日にBBQで会ったえぴおんさんと、初対面のしゅがりんさんと共に会場入り。

 

そこで自分のリスナーさんと何人かお会いして挨拶させていただきました。

これがなかなか僕の中でハイライトな訳ですよ。マジで感動ものでした。「お会いできて本当に嬉しいです!」って言ってくださってこっちも嬉しかったですね。

 

そして向こうからやって来る一人の女性。声をかけられお話ししたところ、なんとてらさわさん。実はこの3日間で唯一まともにお話しした女性でした。

控えめに言ってめっちゃ美人でしたね。しゅがりんさんが囲うのも納得です。

そのてらさわさんからいただいたのが


f:id:Tora_poke10:20170505222339j:image


こちらのメガミミロップキーホルダー。事前にTwitterで募集をかけていたので、リクエストさせていただいてました。

めっちゃ可愛くないですか?(笑)

ホントに嬉しかったです、大事にします(*´∀`)

 

そんなこんなで交流をして、いよいよブロック予選。

 

僕が所属したのはあくブロック。他の知り合いの方々がくさブロックに固まりすぎてて、マジでそこじゃなくて良かったと思いました。だって動画の構築まんまだから全部バレてるんですもん。

 

とはいえあくブロックもシータさんを筆頭に2000越えの強者が何人かいらっしゃいました。これは勝てるのか…?(笑)と思いつつ、初めてのオフ会だしまずは楽しむことを第一に考えて挑みました。

 

結果は6-3。僕を含め6-3が3人いて、直接対決の関係で3位でした。各ブロック上位2人、合計24人の枠には入れなかったものの、残り8人の枠に入りまさかまさかの予選抜け。

 

各対戦の細かい振り返りは長くなってしまうのでここでは省略しますが、

 

・鈍いカビゴンを欠伸での最長眠りからブラッキーのイカサマで突破

・影分身4積みジバコイル地震二連当て

・特化マンダの捨て身最高乱数切って耐えるHBリザYを、最高乱数引いて突破

 

などなど、めちゃくちゃ運が良かったです(笑)


f:id:Tora_poke10:20170505223845j:image

右が参加者全員配布、左が決勝トーナメント進出者に配布されるバッジです。まさか左のやつ貰えると思ってなかったので嬉しいですね。

 

決勝トーナメントは、1回戦が鈍いカビゴンブラッキーが今度はイカサマ急所で突破しまたも運勝ち。2回戦はルカリオロトムが重すぎて負け。ベスト16という結果でした。

 

上記の通り運が良かったとはいえ、初参加のオフでここまで戦えたのは正直自信になりました。

動画を観てくださっている方はわかると思いますが、基本ミミロップは左上にいるだけなので実質5匹で戦ってました。選出画面に移ったときにお相手を見ると、

 

「(は?ミミロップ…?何こいつ…?メガ解禁してないよな…?)」

 

みたいな顔をみなさんしてました。一応バトンとか警戒させられたんですかね?(笑)

 

ちなみに決勝トーナメント2回戦で当たったのが今回の優勝者だったので、ワンチャンこれ優勝いけたのでは?という妄想も膨らんだりそうじゃなかったり。

 

あと、合間の時間にいろんな実況者さんにご挨拶させていただきました。


f:id:Tora_poke10:20170505225253j:image

 

全部書くと切りがないので書きませんが、最も好きで動画を観てて影響を受けているあみゅさんとカビパラさんにご挨拶できたのが一番良かったですね。

あとグラさんがとっても紳士でした。オフ会初参加で北海道から来たことを伝えると、「まじ?飛行機で?根性あるな(笑)」って言ってくれて嬉しかったです(^_^)

 

もっとお話ししたい実況者さんたくさんいたんですけど時間が足りず断念。また機会があればって感じですかね。

 

その後のんせぇさんえぴおんさんと、リスナーさん二人を交えて第一回とらオフ(?)を決行。

こちらもめちゃくちゃ楽しかったです。ね?参加したみなさんそうですよね?( ^∀^)

 

 

そんな感じで僕のファクトリーオフは終了。対戦も人との交流もめちゃくちゃ充実したオフ会でした。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次いつこういう風にオフ会に参加できるかわからないですけど、是非機会をうかがいたいなと思います。

 

それでは。