とらのブログ。

ポケモンのこと書いてます。

最強実況者決定戦使用&第11回りるおふ!準優勝構築【2メガミミゲンスタン~技外しは自己責任~】ポケモンSM


f:id:Tora_poke10:20171104115639j:image

 

みなさんこんにちは、とらです。

 

今回、すぃかさん主催の仲間大会「ポケモンSM最強実況者決定戦」と、りるたそさん主催のオフ会「第11回りるおふ!」に参加させていただきまして、そこで使用した構築の記事を書きたいと思います。

 

レートで最後まで運用してから公開することも考えましたが、もうこの構築は環境に刺さっていないと感じたため、このタイミングで公開させていただきます。

 

採用意図、立ち回り、使用感をメインに書いていきます。

 

 

 

(以下、常体)

 

f:id:Tora_poke10:20171104154959g:plain

ミミロップ@ミミロップナイト 陽気ASぶっぱ

特性:柔軟→肝っ玉

技:猫騙し 恩返し 飛び膝蹴り 身代わり

 

何気にメガでの採用記事はORAS以来、やっとのことでエースとして採用。ノーマル格闘+肝っ玉による技範囲は圧巻だった。

範囲を取るため猫膝恩返しまでは確定。残り一枠は守る持ち、主にガルドドランナットレイとの膝択をしたくなかったので身代わり。冷凍パンチがほしい場面も多々あったが、ガルドに強く出るには身代わりは必須だった。ステロを撒けていればバシャーモも守るに合わせて身代わり→膝で飛ばすことができる。

 

基本的に他の二匹で相手を全体的に削り、このポケモンの一貫をとっていく動きをしていく。 

基本的に数値受けや威嚇持ちが出てくるので、選出がかなり読みやすかった。

 

基本的に火力が無いため、明確な物理受けが相手にいる場合は出さない方が賢い。どうしてもロップでなければ勝てないポケモンがいる場合、例えばガルクレセドランのような並びには選出し、積極的に釣り交換をして不利対面を作らないように動いていく。この辺りはミミロップ特有のものなので時間をかけて経験を積むしかない。

  

最強実況者決定戦では大事な場面で三度も膝を外した大戦犯の彼女だが、りるおふでは膝を二回ともきちんと当ててくれた。

 

ちなみにりるおふでミミロップを使用していたのは僕だけだった。少しは強さを見せられただろうか。

 

 

 

 

f:id:Tora_poke10:20171104155031g:plain

ジャローダ@ウイの実 臆病hbcds調整

特性:天の邪鬼

技:リーフストームにらみ 宿り木の種 身代わり

 

記事にはしていないがS5から使用している子。キノガッサ牽制枠。初めは準速マンダ抜きで抑えていたが、最速カミツルギに三タテされたことを受け、麻痺でごまかすためにカミツルギ抜きまでSを伸ばした。

技はどれも外せずこれで確定。受け回し系のパーティーに滅法強く、有利対面でやどみがしているだけで勝手に相手が削れていった。

ただしこれは宿り木を当てればの話。リフストも含め、レートでは本当に命中率90%なのかってくらい外した。

 

勝戦でリフストを外し、ギロチンで散った戦犯。グロスとの同速にも負けた。まあ戦犯とは言いつつ僕が相手にギロチンを7回も撃たせてしまったので、これだけ避けてくれたことはきちんと誉めてあげたい。

上記の運要素を除けばしっかり仕事をし、刺さっている構築も多かった。準優勝の立役者とも言える。

 

 

 

 

f:id:Tora_poke10:20171104155138g:plain

カバルドン@ゴツゴツメット 腕白HBぶっぱ

特性:砂起こし

技:地震 吹き飛ばし(欠伸) 怠ける ステルスロック

 

安定と信頼の物理受け。バシャマンダグロスに対して明確に受け出しが利くため採用した。

技はクチートへ撃つ地震、サイクルのための怠けるとステロまでは確定。残り一枠は、最実ではジャローダと合わせてバトンパに強く出るために吹き飛ばし、りるおふではバトンパには当たらないだろうと踏んで欠伸にした。

ワンウェポンが地震なので、マンダランドカイリューに受け出しても打点がないため、こいつらとのラス1対面を作らないことを心がけた。

 

りるおふでは一度もバシャーモを選出されなかったので、基本的に電気の一貫を切ったり、マンダグロスに対して後投げしていくことが多かった。

 

 

 

 

f:id:Tora_poke10:20171104155210g:plain

テッカグヤ@食べ残し 慎重Hbd調整

特性:ビーストブースト

技:ヘビーボンバー 地震 宿り木の種 毒々

 

GTSでさ迷っていたところを拾ってあげた慎重テッカグヤ。テテフの一貫を切るための枠として採用。

ヘビーボンバーと宿り木は残飯型である以上確定。地震は構築で重たいヒードランに交換読みで撃つため採用、毒々は元々身代わりだった枠に試験的にいれたところ、上手くハマったのでそのまま採用した。

毒やどを見た時点でほぼ全員が守るか身代わりを読んで後ろに引いてくるため、毒か宿り木を連打してひたすら相手を削っていく。特に、毒々は全く想定されていないのか、HDマンダやクレセカバ、ポリゴン2などによく刺さった。

 

こいつもりるおふの決勝戦の舞台で、ギロチンを当てられて散った。繰り返しになるが7回撃たせてしまったので、それだけ避けてくれたことを誉めてあげたい。

 

 

 

 

 

f:id:Tora_poke10:20171104155307g:plain

ヒートロトム@ホノオZ 控えめHcs調整

特性:浮遊

技:オーバーヒート ボルトチェンジ めざめるパワー(氷) 毒々

 

このパーティーの潤滑油兼唯一のZ枠。ここまでで重たいメガ枠のマンダクチート、サイクルに強く出てくるテッカグヤや霊獣ボルトを牽制できる枠として採用した。

技はオバヒボルチェンめざ氷までは確定で、残り一枠はヒトムを起点にしてくる耐久マンダやロップが誘う耐久ポケモンに強く出るために毒々とした。実際マンダ相手には全てこのヒトムで相討ち以上に持ち込んでいる。

持ち物はパーティー全体に火力がなかったこと、Z枠が余っていたことからホノオZとした。

 

ホノオZを見た時点で毒の警戒が薄れ、逆に毒を見た時点でホノオZの警戒が薄れたりと、相手の意表を突く動きや立ち回りができた。

 

最実においてもりるおふにおいても、間違いなく一番頑張ったであろうこの構築の主役。とにかく刺さる構築が多く、こいつを大事にしながら立ち回ることを意識していた。

特にりるおふにおいて、当たったマンダ軸には全てこいつで勝ち、予選では抜けがかかった最終戦でガブにめざ氷急所を当てて突破、決勝トーナメントではグロスの思念を避けて勝ったりと、運要素の面でも本当によく頑張ってくれた。

 

りるおふではミミロップに続き、こいつのKPも1。この結果はかなり意外だった。

 

 

 

 

f:id:Tora_poke10:20171104155349g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病hcS調整

特性:呪われボディ→影踏み

技:ヘドロ爆弾 10万ボルト 道連れ トリックルーム

おそらく誰も使わないであろう、本構築最大の地雷型。こちらにめちゃくちゃ刺さっているギャラドスを咎めるためにこのゲンガーが誕生した。

最実ではSを最速ゲッコウガ抜き、ある程度の耐久を確保して残りをCに回していたが、耐久調整が生きる場面がなかったため、役割対象のギャラドスの特化滝登りに対してメガ前の状態で一回だけ後投げが利くところまで耐久を落とし、コケコにワンチャンとるために最速、残りをCに振った。

ヘドロ爆弾はロップが呼ぶフェアリー勢に対する打点として必須、ゴースト技が必要なかったので上記の理由で10万ボルト、残りはSを上げてくる積みアタッカーに対する切り返しが可能な道連れトリルとした。

道連れトリルは択に勝てばリザXやメガギャラもほぼ無償で突破できる。単純に重たいポケモンを道連れにして、裏で詰めていく動きも強力だった。とにかく誤魔化せる範囲が広い。

 

最実では、唯一当たったギャラドスに後投げしたところ、滝登り急所で粉砕され撃沈。それを除けば安定して活躍してくれた。

りるおふでは、予選で初手のギャラドスを粉砕、裏から出てきたヘラクロスを道連れで処理と大活躍。正直予選で当たった中で一番辛い構築だったがeasy winできたのは良かった。

 

余談だが、絶対にこんな型誰も使わないと思っていたのに、りるおふの決勝戦で相手のメガゲンガーから10万がとんできたときは目玉飛び出るかと思った。

 

 

キツい相手

 

・カバリザY

基本的にリザYが受からない。HBリザだとロップでも相手ができないので辛い。正直降参レベル。

 

・バシャギャラ

初手にどちらが出てくるか読みきらないと勝てない。ゲンガーの道連れで持っていく相手を間違えた瞬間終わる。メガバシャ+ヒコウZギャラならまだ良いのだが、Zバシャ+メガギャラとかだと無理。

S6でレートを300溶かしたのはこの並びが爆発的に増えてしまったからだと思っている。

 

ヒードラン+物理受け(クレセ、ドヒドイデ)

ドラン単体ならロップの膝で良いのだが、基本的に裏に引き先がいるので安定しない。カグヤクレセ対面を作って交換読みで地震を撃っていく必要がある。一度削れれば、カグヤは残飯ドランのマグストなら一発耐えるので地震で処理。これ以外に処理ルートがないので、リザドランとかされるとカグヤを出せずに詰む。

 

・ブルルドヒドイデ(+ヒードラン)

パーティーに火力がないのでキツい。ジャローダを先に展開するか、ゲンガーでブルドヒのどちらかをキャッチできればいけるが、誤ってドランとの対面を作ると引き先がヒートムしかいないので辛い、というかヒートムはドランに勝てないのでその状況を作った時点でほぼ負け。この手の構築は取り巻きにバンギがいることが多いので、ゲンガーを出しにくくなるのも辛い点。

 

グライオン

単体ならジャローダが有利だが平気でギロチンを押してくるので、辛いというか嫌いなポケモン。大体取り巻きにゲンガーがいるので、対戦のときはキャッチされないように釣り交換のオンパレードになる。

 

・メガへラクロス

最速だった場合ヒートムも上をとられているため、ゲンガーの道連れしか処理方法がない。構築上切っているポケモン

 

・剣舞ヒコウZランド、カイリュー

裏から出てくるタイプならなんとかなるのだが、初手に出てきて舞われた瞬間カバルドンでも受からなくなるのでキツい。たまにされて3ターンで降参とかしてた。

 

オニゴーリ

やめてくれ。  

 

 

ー 戦績 ー

・S6シングル

最高1896 最終16xx

・最強実況者決定戦

6勝7敗 レート1503 56位(内2敗は回線切れ、1敗は反映されておらず6勝6敗扱い)

・第11回りるおふ!

予選:4-2 同率で三人並んだが直対でその二人に勝っていたので2位抜け

決勝:決勝戦で敗北、準優勝

 

 

 

 

(以下敬体)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

正直レートでも最実でも思うように結果が出せず、この構築は日の目を見ることなく解散かなと思っていたのですが、最後にポケモンオフで結果を出すことができ、今回のポケモンたちを「オフ会準優勝構築」としてきちんと供養できることを嬉しく思います。

当然優勝したかったですが、それは自分の実力不足として真摯に受け止め、この先の活動の糧としていきたいと思います。

 

 

残り期間少ないですが、サンムーン環境最後のレートも頑張りたいと思います。

 

 

 

 

Twitter: @Tora_poke10

 

やよい杯M使用構築【サナエルレスタン~ミミロップはお休み~】ポケモンSM【最終10位】

f:id:Tora_poke10:20171008012054p:plain


みなさんこんにちは、とらです。

今回はゆーきやよいさん主催のやよい杯Mに参加させていただいたので、その記念に構築記事を書きたいと思います。

大会の要項はこちら→【やよい杯 参加申請記事 - yuuki0309yegs’s diary

 

 

環境考察、採用意図、使用感をメインに書いていきたいと思います。

 

f:id:Tora_poke10:20171008012508g:plain

ホルード@こだわりスカーフ 陽気hadSベース

特性:力持ち

技:恩返し 地震 岩雪崩 とんぼ返り

 

ミミロップです。増田さんに頼んで大会当日だけ地面タイプをつけてもらいました。

…嘘です。今回の大会、大会発表当時のKP50位のポケモンが使えないということでミミロップは使えず、代わりのウサギ枠として採用しました。NNは「Lopunny…??」です。

 

Sは最速、シャンデラとの対面を意識してHDを臆病オバヒ確定耐えのラインに調整し、余りをAにぶっぱ、端数をBに回しています。

今大会では環境に鋼タイプ(ガルドカグヤグロスムドーetc)や威嚇持ち(マンダランドギャラ)がいないためノーマルと地面の一貫がすさまじく、刺さりはかなり良かったです。

安定打点の恩返しと地震は確定で、次にスカーフと相性のいいとんぼ返り、残り一枠ですが冷パンはマンダランドカイリューがいないので必要ないと考え、増えるだろうと予想したカイロス意識及び怯みも狙える岩雪崩を採用しました。

実際カイロスに刺さって勝てた対戦もあったのでこの技選択は正解だったかと思います。

 

 

f:id:Tora_poke10:20171008014820g:plain

ブラッキー@食べ残し 図太いHBベース

特性:シンクロ

技:イカサマ 欠伸 願い事 守る

 

久しぶりに日の目を浴びたブラッキー、シングルレートS3以来の実戦登板となりました。調整も技構成もその時と全く同じものです。

鋼タイプと電気タイプがほとんどいないこの環境、飛行タイプを半減で受けることがほぼ不可能だと考えていました。なので安定して数値受けできるポケモンが必要と考え、最も信頼している数値受けとしてブラッキーを採用しました。

実際の使用感ですが、バシャテテフミミッキュがいないこのルールでこのポケモンが弱いわけがありませんでしたね。増えるだろうと予想した雨パに対しても守る願い事で時間を稼ぐことができ、後述するサーナイトとの相性も抜群でした。

 

 

f:id:Tora_poke10:20171008021516g:plain

エルレイド@メガストーン 陽気habSベース

特性:不屈の心→精神力

技:インファイト サイコカッター 影撃ち 道連れ

 

絶対に刺さると考えたメガ枠。今回の大会のため孵化していたら偶然色の♂個体が生まれました。

Sはぶっぱ、HB方面を特化メガヘラクロスのミサイル針を確定で耐えるラインまで調整し、残りをAにぶっぱ、端数をDに振りました。

技構成は安定打点のインファイトとサイコカッター、先制技の影撃ちまで確定。残りは剣の舞と道連れで悩みましたが、机上論では絶対に抜け落ちている穴があると思い、そこを幅広くごまかせる道連れとしました。

 

今回の大会の大まかな環境考察としてあったのが

・ゴーストタイプトップメタのミミッキュゲンガーガルドがいない

・カプ4匹+アシレーヌマリルリなどのフェアリー勢がいない

・クレセカバドヒドスイクンサンダーその他の物理受けポケモンがいない

ということで確実に格闘タイプの通りがよくなるだろうと考え、採用しました。

 

ですが実際はほとんど出せずお留守番だった模様。シャンデラやガラガラが多く、思ったより刺さりはよくありませんでした。せっかくの色個体だったのに。

 

 

f:id:Tora_poke10:20171008024437g:plain

サーナイト@メガストーン 控えめHbcベース

特性:トレース→フェアリースキン

技:ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー(炎) トリックルーム

 

一番最後に入ってきた枠。元々はヤドランにしていたんですが、ラティ兄弟がきついということと、鋼タイプがほぼいないこの環境で刺さらないわけがないと思い、直前で変更しました。

HB方面の調整はORASの時の流用ですが、今回はSをがっつり落としてCに回しています。

技構成はハイボとショックは確定。めざ炎はヤミヌケ入り受けループのメタとして採用しました(身内ネタになって恐縮ですが、ほぼ特定の相手へのメタです)。

残り一枠は挑発にしていたんですが、後述するガラガラとの相性や、フェローチェをはじめとした高速アタッカーに対する切り返しとしてかなり刺さるのではないかと考え、直前でトリックルームに変更。Sを落としたのはそのためです。

 

強い。ただただ強かった。エルレイドが出せなかったのはあまりにサーナイトの方が刺さっていたからというのもあると思います。事前の環境考察通り、10戦で当たった鋼タイプはドータクン1匹だったので、この子でハイボ撃ってるだけで相手のパーティーを半壊させることができました。

対戦中盤の展開でのトリルによる切り返しは相手に絶望を与えたのではないかと思います。実際ウインディにノータイムで神速を撃たれたり、CSベースを想定した立ち回りをされたので、トリルは本当によく刺さりました。

 

 

f:id:Tora_poke10:20171008030544g:plain

クロバット@ドクZ 陽気ASベース

特性:すり抜け

技:ブレイブバード クロスポイズン 毒々 挑発

ここまででキツイフェアリータイプ、主にテテフミミッキュの禁止で復権すると考えたニンフィアサーナイトチルタリスに対して強くいけるポケモンとして採用しました。

また、増えると予想した格闘タイプに対してもフェローチェを除けばすべて対面で勝てるので、その点も評価しています。

調整はSを最速ファイアロー抜き、Aをぶっぱ、残りをHBDに振り分けました。

初めはモロバレルをはめ殺すためにA0臆病の身代わり羽休めクロバットを育成したのですが、ヤドランの枠をサーナイトに変更したことにより、そこまでバレルが重くなくなりました。そこでフェアリーに明確に打点を持ったアタッカー型を当日の昼に急遽育成、ぎりぎりで間に合わせました。

仮想敵である格闘タイプに対しては全てブレバで確定が取れるため、フェアリー勢への役割遂行速度を重視してドクZを採用。残りは持ち前の素早さで耐久ポケモンを嵌められる毒々と挑発としました。

何度も言いますが鋼タイプがほぼいなかったので毒々の通りはかなり良く、さらに毒タイプなので必中というこの安心感。すり抜けなので身代わりも怖くありません。

しかし素の火力が低いので弱点を突かないと打点としてはいまいち。選出率もそこまで高くはありませんでした。

 

 

f:id:Tora_poke10:20171008032711g:plain

ガラガラ(アローラの姿)@太い骨 意地っ張りhAs

特性:石頭

技:フレアドライブ シャドーボーン ストーンエッジ 滅びの歌

 

自慢の石頭ガラガラ。こちらも確実に刺さると考え採用したポケモンです。

Aをぶっぱ、Sを4振り60族抜き調整余りHとなっています。

今大会の環境ではメジャーな電気タイプがほぼ使えません。さらにホルードがいるので避雷針にする意味は薄いと考え、石頭で採用しました。

技構成はフレドラ、シャドーボーン確定で、プテラなどに撃つストーンエッジ、残りは増えると予想したバトンパに対して刺せる滅びの歌としています。結果バトンパには一度も当たりませんでしたが。

 

こいつも雑に強かった。何よりフレドラで反動が入らないというのが強かったですね。

ブラッキーサーナイトとの相性も良く、欠伸で対面操作しつつサナとガラガラの一貫を取っていく動きをしていました。

 

思念で怯まなければ勝っていた試合があったのでリフレが足りなかったかなと後悔してます。

 

余談ですが、ガラガラの石頭が夢特性であることを知らず、普通に石頭のカラカラを進化させたところ呪われボディになってしまい、急いで育成し直しました(笑)

VCピカチュウ版が初めて役に立ちましたね。

 

 

・基本選出

スタンパ→ブラッキーサーナイトホルードorガラガラ

受けループ→サーナイトクロバット+ガラガラ

雨パ→サーナイトブラッキー@1

 

私事ではありますが某大会で悔しい思いをしたのもあって今回の仲間大会には全力で取り組みました。

この一週間強で新規育成4匹、内2匹は育成し直ししているので実質6匹です。それなりにしっかり環境考察して取り組みました。


f:id:Tora_poke10:20171008163921j:image

 結果は7勝3敗、レート1557で10位。ギリギリ1ページ目に載れました。

あと1勝出来ていれば5位以内に入っていたのでそこはかなり悔しいですね。

 

最後に、大会を主催してくださったゆーきやよいさん及び運営のみなさん、お疲れさまでした。

普段戦えない構築と対戦ができて、自分としても本当にいい経験になりましたし、何より楽しかったです。

声をかけてくださったかなこさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

Twitter ID:@Tora_poke10

 

 

 

 

 

 

S3&ファクトリーオフ使用構築 【7世代版ラグマンダジバコ~ミミロップは添えるだけ~】ポケモンSM

 


f:id:Tora_poke10:20170516014717j:image
みなさんどうもとらです。

 

今回はGWに開催されたファクトリーオフ及び、SMシングルレートシーズン3で使用した構築を紹介します。

 

使用感、採用意図をメインに書いていこうと思います。

 

 

 f:id:Tora_poke10:20170516170701g:plain

ミミロップ@こだわりスカーフ 臆病Hbsベース

特性:不器用

電磁波 アンコール すり替え バトンタッチ

 

この構築最大の地雷(?)にして相棒枠。

Hはほぼぶっぱ、Sを最速グライオン抜きまで振り、余りを耐久に回しました。

技構成に関しては、何度も考察しましたがこれで完成されていると思います。

 

僕はORASからポケモンを始めたのですが、メガミミロップ軸で初めて2000を達成してからずっと愛用しているポケモンです。

SMではまだメガシンカが未解禁のため超マイナーポケモンですが、なんとか7世代でも活躍させたいと知恵を絞り、この型にたどり着きました。

 

ミミロップとかギャグかよwwwwwwww」と笑ったそこのあなた、なめてもらっては困ります。

確かに汎用性は皆無ですが、受けループに対してはかなり強く出ることが出来ます。

この構築に対しては大体ゲンガーかラッキーが初手で来るので、ゲンガーなら電磁波で足を奪い、ラッキーならスカーフすり替えで縛ります。グライオンが初手に来た場合は間違いなく守るから入ってくるのでアンコールを見せます。居座れば守るで固定されるのでそこから裏の起点にしましょう。

バトンタッチは本来の使い方ではなく、すり替え後の相手の交換に合わせて撃ったり、メガゲンガーの影踏みから逃げたりと、サイクルを回すための技として採用しています。素引きとは違って相手の交代を見てから交代できるので、あまり裏を読む必要がありません。

受けループ相手には全て選出し、冗談抜きで縦横無尽の活躍を見せてくれました。

 

対受けループ用兵器のため、受けループ以外には基本的に出しません。なので選出率は最下位です。相棒とは()

両壁を貼れるジャローダがいるので、ワンチャンバトン構築だと思ってくれないかなという思惑もあったりなかったり。(絶対警戒されてないとか言わないで)

  

 

f:id:Tora_poke10:20170516170739g:plain

ジバコイル@突撃チョッキ 控えめHcdベース

特性:アナライズ

10万ボルト ボルトチェンジ ラスターカノン 目覚めるパワー(炎)

 

この構築の過労死枠。エスパーとフェアリーの一貫を切り、サイクルを回せるポケモンとして採用しました。

環境に蔓延する守り神とミミッキュに対面から強く、特にテテフに安定して勝てるのがこいつしかいないため、テテフが見えたらほぼ選出していました。

元々はめざ氷で採用していましたが、ナットレイが重すぎるという大問題が発生し、フォロワーさんの助言でめざ炎に変更。

めざ炎ジバコはナットを縛るための磁力型での採用が多いですが、無振りテテフへのラスターカノンの確定数がズレるのを嫌ってアナライズのまま使っていました。特に不便はなかったのでこれで良かったと思います。

有利対面を作ったときの鋼と電気の一貫性が凄まじく、お相手がどちらの技を読んで引くのか?という択が常に発生していました。ジバココケコ対面でボルチェンを撃ったら、ラスカノ読みで出てきたリザードンルカリオが吹き飛び、そのままEasy Winなんてこともしばしば。

 

今回の採用でかなりこのポケモンに対する信頼度が上がりました。その証拠に選出率は88%でぶっちぎりの1位です。

シーズンが進むにつれて数は減っていますが、もっと環境にいてもいいんじゃないか?と思うポケモンでした。

 

また、今回A0めざ炎理想コイルを提供してくださった@ありすさん、本当にありがとうございました。マジで強かったですこいつ。

 

f:id:Tora_poke10:20170516170809g:plain

 

メガボーマンダ 意地っ張りAS

特性:威嚇→スカイスキン

捨て身タックル 地震 龍の舞 羽休め

 

なんの変哲もない普通のメガマンダ。慎重HDや両刀型も試しましたが肌に合わず、結局はこの型に戻ってきました。本構築唯一のメガ枠です。

シーズン後半はカバリザの並びが増え、さらにHBを調整したメガリザードンYに捨て身を耐えられ、めざ氷で落とされるという場面も多々あったので、終盤の選出率は控えめです。

 

 

f:id:Tora_poke10:20170516170837g:plain

ラグラージ@オボンの実(ラムの実) 腕白HB

特性:激流

雪雪崩 地震 ステルスロック 吠える

 

この構築のステロ枠。前述の2匹と合わせて、いわゆるラグマンダジバコの並びが完成しました。

元々はマンムーがこの枠にいたのですが、ガブが減ったことと格闘の一貫がヤバすぎることを考え変更。

滝登りは使ってて必要だと感じることがほぼなかったので、ガブ、マンダ、ランドロスへの打点として雪雪崩を採用。地震ルカリオクチート、ゲンガーを意識しての採用となっています。

刺さっていれば初手で投げてステロを撒き、ジバコイルでサイクルを回したりブラッキーで欠伸ループに持っていったりというのが1つの狙いです。

また、このポケモンを見ると草結び持ちのコケコやゲッコウガがホイホイ出てくるので、そこにジバコイルを投げて一貫を取っていくというのも1つのパターンとなっていました。

場持ちを意識してずっとオボンで採用していたんですが、最終日が近づくにつれて初手催眠ゲンガーを投げてくる人があまりに増えたため、最終日だけラムの実に変更。

これがなんと大正解。初手に出てきて鬼火や催眠を撃ってきたゲンガーがみんな吹き飛んでいきました。カバの欠伸の一貫を切って吠えるで流したりもでき、最終日に限って言えば選出率はトップです。

 

 

f:id:Tora_poke10:20170516170903g:plain

ブラッキー@食べ残し 図太いHB

特性:シンクロ

イカサマ 欠伸 守る 願い事

 

この構築の過労死枠その2。ブラッキー使いの某有名強者の方からおすすめされ、使ってみたところ性能の高さに感動。今では絶対的な信頼をおいています。技構成も本家そのままでの採用です。

環境にいる大体のメガ枠に対して後投げが出来るので非常に活躍の機会は多かったですね。イカサマ持ちなので積みアタッカーにも強めです。

また、この子は守るをいかに隠しながら立ち回るかがとても重要です。

すっかり有名になってしまったこの型のブラッキー、欠伸を撃った後、安易に守るを撃って交換されるとあっという間に不利対面を作られてしまいます。なのでいかに守るを撃つ場面を見極めながら対面を操作するかが重要でした。

ボーマンダの選出が控えめになってきたシーズン後半は、願い事を挟みつつジバコイルと2匹でサイクルを回しながら戦うという形が非常に多く、その分急所や追加効果を引いて負けるパターンもありました。

この子とジバコイルが何回凍ったり燃えたり急所で吹き飛んだりしたか、もう数えきれません。 

 

 

f:id:Tora_poke10:20170516170934g:plain

ジャローダ@ゴツゴツメット 臆病hcsベース

特性:天邪鬼

リーフストーム 目覚めるパワー(岩) リフレクター 光合成

 

構築に最後に入ってきたポケモン。シーズン半ばから増え始めたキノガッサへの明確な回答となるポケモンとして採用しました。

安定打点兼積み技としてリフスト、受けのためのリフレクターと光合成までは確定。

この構築は絶望的にウルガモスが重いので、そこに対する打点としてラスト一枠にめざ岩を採用。 

大体のガモスがC2↑めざ岩で落ちるところまで火力に回しているので、リフストに対するガモスの後投げを許しません。

蛇にらみがないのでサポートとしての性能は落ちますが、その分2ウェポンにすることでジャローダで三タテする試合もあったのでこれで正解だったと思います。

 

 

ファクトリーオフでは悪ブロック6-3で予選抜け、決勝トーナメント2回戦敗退でベスト16でした。オフの記事はこれとは別に書いてあるのでよろしければ読んでみてください。

 


f:id:Tora_poke10:20170516111151j:image


f:id:Tora_poke10:20170516201844j:image

 

最高1988 最終1944でした。

2000チャレンジまでは行けたのですが、その大事な試合で当たったのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:Tora_poke10:20170516111404j:image

こいつでした。結果はお察しの通りです。

かなり自信がある構築だったので、今期こそ2000にいけると意気込んだ試合でゴーリが見えたときの絶望ったらないですよ、ホントに。

来期はゴーリガンメタでパーティー組みます()

 

 

7世代の構築なのに7世代要素は一切なし。それどころか6世代要素もメガシンカ以外なしという、どこの古代兵器だ?みたいなパーティーになりましたが、古参勢も新規ポケモンに劣らずやっていけるというところを少しは示せたのかなと思います。

この構築を参考にしたい!という方がもしいらっしゃったら、ミミロップの枠をガモスやバシャーモなどの炎枠、あるいは無難にミミッキュテテフ辺りに変えましょう。多分もっと安定感が増します←

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

まだメガミミロップは帰ってきませんが、来期こそ2000行けるように頑張ります。

 

 

Twitter ID:@Tora_poke10 

 

 

 

 

 

 

【オフレポ】とらのまったり一人旅行【ファクトリーオフ編】

どうもとらです。

 

今回は僕がGWに参加させていただいたBBQオフ、ファクトリーオフのオフレポを書きます。

初めて書くので駄文長文になるかもしれませんが悪しからず、ということで勘弁してください。

 

前回の記事【オフレポ】とらのまったり一人旅行 【カスミさんBBQオフ編】 - とらのブログ。に続きまして、今回はファクトリーオフの方を書いていきます。

 

前日にBBQで会ったえぴおんさんと、初対面のしゅがりんさんと共に会場入り。

 

そこで自分のリスナーさんと何人かお会いして挨拶させていただきました。

これがなかなか僕の中でハイライトな訳ですよ。マジで感動ものでした。「お会いできて本当に嬉しいです!」って言ってくださってこっちも嬉しかったですね。

 

そして向こうからやって来る一人の女性。声をかけられお話ししたところ、なんとてらさわさん。実はこの3日間で唯一まともにお話しした女性でした。

控えめに言ってめっちゃ美人でしたね。しゅがりんさんが囲うのも納得です。

そのてらさわさんからいただいたのが


f:id:Tora_poke10:20170505222339j:image


こちらのメガミミロップキーホルダー。事前にTwitterで募集をかけていたので、リクエストさせていただいてました。

めっちゃ可愛くないですか?(笑)

ホントに嬉しかったです、大事にします(*´∀`)

 

そんなこんなで交流をして、いよいよブロック予選。

 

僕が所属したのはあくブロック。他の知り合いの方々がくさブロックに固まりすぎてて、マジでそこじゃなくて良かったと思いました。だって動画の構築まんまだから全部バレてるんですもん。

 

とはいえあくブロックもシータさんを筆頭に2000越えの強者が何人かいらっしゃいました。これは勝てるのか…?(笑)と思いつつ、初めてのオフ会だしまずは楽しむことを第一に考えて挑みました。

 

結果は6-3。僕を含め6-3が3人いて、直接対決の関係で3位でした。各ブロック上位2人、合計24人の枠には入れなかったものの、残り8人の枠に入りまさかまさかの予選抜け。

 

各対戦の細かい振り返りは長くなってしまうのでここでは省略しますが、

 

・鈍いカビゴンを欠伸での最長眠りからブラッキーのイカサマで突破

・影分身4積みジバコイル地震二連当て

・特化マンダの捨て身最高乱数切って耐えるHBリザYを、最高乱数引いて突破

 

などなど、めちゃくちゃ運が良かったです(笑)


f:id:Tora_poke10:20170505223845j:image

右が参加者全員配布、左が決勝トーナメント進出者に配布されるバッジです。まさか左のやつ貰えると思ってなかったので嬉しいですね。

 

決勝トーナメントは、1回戦が鈍いカビゴンブラッキーが今度はイカサマ急所で突破しまたも運勝ち。2回戦はルカリオロトムが重すぎて負け。ベスト16という結果でした。

 

上記の通り運が良かったとはいえ、初参加のオフでここまで戦えたのは正直自信になりました。

動画を観てくださっている方はわかると思いますが、基本ミミロップは左上にいるだけなので実質5匹で戦ってました。選出画面に移ったときにお相手を見ると、

 

「(は?ミミロップ…?何こいつ…?メガ解禁してないよな…?)」

 

みたいな顔をみなさんしてました。一応バトンとか警戒させられたんですかね?(笑)

 

ちなみに決勝トーナメント2回戦で当たったのが今回の優勝者だったので、ワンチャンこれ優勝いけたのでは?という妄想も膨らんだりそうじゃなかったり。

 

あと、合間の時間にいろんな実況者さんにご挨拶させていただきました。


f:id:Tora_poke10:20170505225253j:image

 

全部書くと切りがないので書きませんが、最も好きで動画を観てて影響を受けているあみゅさんとカビパラさんにご挨拶できたのが一番良かったですね。

あとグラさんがとっても紳士でした。オフ会初参加で北海道から来たことを伝えると、「まじ?飛行機で?根性あるな(笑)」って言ってくれて嬉しかったです(^_^)

 

もっとお話ししたい実況者さんたくさんいたんですけど時間が足りず断念。また機会があればって感じですかね。

 

その後のんせぇさんえぴおんさんと、リスナーさん二人を交えて第一回とらオフ(?)を決行。

こちらもめちゃくちゃ楽しかったです。ね?参加したみなさんそうですよね?( ^∀^)

 

 

そんな感じで僕のファクトリーオフは終了。対戦も人との交流もめちゃくちゃ充実したオフ会でした。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次いつこういう風にオフ会に参加できるかわからないですけど、是非機会をうかがいたいなと思います。

 

それでは。

【オフレポ】とらのまったり一人旅行 【カスミさんBBQオフ編】

どうもとらです。

 

今回は僕がGWに参加させていただいたBBQオフ、ファクトリーオフのオフレポを書きます。

初めて書くので駄文長文になるかもしれませんが悪しからず、ということで勘弁してください。

 

まずはカスミさん主催のBBQオフからお届けします。

 

まず北海道在住の僕なんですが、当日の朝だとどう頑張っても家から空港まで始発に間に合わないため、前日の夜に東京入り。

路線図見たとき吐きそうになりました。複雑すぎません?◯◯線、××線の多いこと多いこと。

ただ初めての東京で心はウッキウキでしたね。

 

そして次の日、カスミさんのBBQオフ参加のため会場へ。ここでも路線図が全くわからず右往左往。何とか到着。

受付を済ませ、名札をもらって色んな方とご対面。

 

まず、弥生杯で参謀を担当させてもらったえぴおんさんにご挨拶。「俺の参謀だからこの人」と界隈の方々に紹介してもらいました。

僕若干コミュ症なのでそのあと個別に挨拶いけなかったのはちょっと心残り。

 

あとからそらさん、潰れるの早すぎです。開始時間である11時より前に日本酒を飲みまくり、開始時間に完全に出来上がり、12時前にはダウン。終了時間まで爆睡。

悪統一使いのクルトンさんと二人取り残され、ブルーシートの端でボーッとしてたらカスミさんに「お前らなんだカップルかよ!!(笑)」って突っ込まれたのはいい思い出ですかね?

 

12時過ぎにはこれまたお目当ての方であるのんせぇさんが到着。

挨拶したい!と言って川で遊んでいるカスミさんのもとへ向かうと、出会って5秒で川へダイブ。何やってんだこの人たちは。

 

 

…と、ちょっとディスりを入れつつ、実際は動画と変わらず普通にイケメンでした。

しかもめちゃ気遣いできるし、話の場を作ってくれるしさすがや…(笑)って感じでしたね。

 

エドナ大好きYu-riさんにも少しご挨拶させてもらいました。初手で「にしおかすみこに似てますね」って言ってすんません。

 

その後、遅れてイケメンYoutuberもっちゃんさんが到着し、川流しの儀式に立ち会いました。着替え持ってくればよかったと後悔。川に次々飛び込んでいく男性陣、謎の一体感、僕も入りたかった…。(その隣でチビッ子たちがドン引きしてるのを僕は見逃しませんでした)

 

一通りオフも進み、恒例らしいBBQオフ対戦会に参加。

規模にして30人位のトーナメント戦だったんですが、1回戦、2回戦、3回戦と順調に勝ち続け、準決勝でなんともっちゃんさんと対戦。

「僕も北海道なんですよ!」と挨拶すると、「あ!なんか知ってるかも!動画出してますよね?」 とまさかの一言。めっちゃ嬉しかったですね。

結果はこれまたまさかの勝利。ブラッキーグロスのアムハン避けてくれました( ´∀`)

最終的には決勝で敗退。もう一回勝てばカスミさんと対戦だったのにめちゃ悔しかった(ノ_<。)

 

てか運が良ければ準決勝vsもっちゃんさん→決勝vsYu-riさん→頂上決戦vsカスミさんの流れがあり得たみたいです。それ実現してたらマジで感動ものでした。

 

この辺は生放送でBV枠取るのでよろしければ観に来てくださいね。

 

その後二次会で飲み屋、三次会でカラオケまで参加しその日はお開き。ホントに楽しかったですね。

カラオケ歌おうかなーとか思ったんですけど、もっちゃんさんが初手で98.9点叩き出した時点で「あ、でしゃばらない方がいいやつやこれ」と謎の自制心がはたらき、一曲も歌わず終わってしまった。来年も参加できたら歌います、きっと、多分。

 

てな感じで僕の1日目は終了。

次の日のファクトリーオフに続きます。 

 

 

 

 

ミミロップ雑感

何もすることがなく暇なので、僕の相棒であるミミロップについてダラッと書きたいと思います。

 

 

みなさんご存じの通りミミロップは7世代においてメガストーンが解禁されていないため、レート環境でパーティーに採用されるケースはほぼありません。

 

事実、自分以外のミミロップ入りパーティーに当たったことありませんし、話で聞いた限りでも使用者は僕の他にフォロワーさんに一人、その方とは別に目撃情報が1つあるだけです。

 

なぜこんなにも使われないのか。

理由は1つ、環境に絶望的に刺さってません。

 

メガシンカできない今、ミミロップを見たときに警戒するであろうことは以下の通り。

 

・コスモバトン

ミラーコート(チョッキ、タスキ、レッドカードなど)

・その他

 

まずコスモバトンについて。

 

これは僕がバトンパを使うのが壊滅的にヘタクソなのもあるんですが、耐久のみを上げて後ろに繋ぐコスモバトンは、Zワザという超火力が蔓延する現環境では絶望的に刺さりません。

こちらから超火力を出すにはバトン先でさらに積み技を使わなければならないので、後手に回りがちです。

 

また、メガによる選出誘導(物理受けの後だしなどを誘う)ができないため起点を作れず、耐久の心許ないミミロップではバトンする前に吹き飛ばされます。

 

ならばすり替えで!と思ってもメガストーンに加えてZクリスタルなるものが登場してしまったため、6世代よりもすり替えが刺さらなくなりました。

 

壁によるサポートで何とか出来なくはないですが、普通ならそもそもバシャバトン、引いてはイーブイで良くね?となるので、採用理由は愛以外ありません。

 

 

次にミラーコート型。

 

これがかろうじて採用できるかなというライン。S2は僕もこの型をずっと使っていました。

初手テテフコケコやレボルトを誘い、特殊技をミラコで跳ね返します。動画でも何回かハマった対戦が上がっていると思います。

 

ですが7世代はサイクル環境と言われており、対面処理1択になってしまうこの型は非常に使い勝手が悪いです。

ミミロップの耐久ではサイクルに参加できないので、初手を外した瞬間3対2になります。

レートが上がるほどヤンキーができなくなるので、置物化していきますね。

 

 

最後にその他です。

 

すり替えは前述の通り、メガ石Zクリスタルの存在、受けポケモンを誘発できないことから刺さりません。

補助技が豊富と言われているミミロップですが他に有用なのはアンコールくらいで、両壁やトリックルームを覚えられないので現環境ではサポートにも向きません。

 

また、7世代の新要素であるZワザはこれでもかというほどミミロップシナジーがありません。

動画でもいくつか紹介しましたが、元々アタッカー寄りのポケモンではないのでZギガインパクトでも火力が足りません。

置き土産や捨て台詞など、様々な補助技がZクリスタルによる強化を貰いましたが、肝心のミミロップの補助技で最も強化されたのはまさかの「はねる」。

それどころかZの恩恵を受けられない補助技があるほどです(癒しの願い)。

 

よって、Zワザを警戒する必要性も薄いです。

 

 

どうですか?ミミロップ使いたくなったでしょ?←

 

という冗談は置いといて、こんな感じでミミロップは環境に刺さってません。

 

ならパーティーから外せよってなるかもしれませんが、僕は外しません。なぜなら相棒だから。

メガ未解禁で2000乗ったらみんな褒めてね。

とりあえず早くミミロップナイトよこせ()

 

 

駄文長文失礼しました。

 

S17使用構築【メガミミロップ軸】ORASシングル


f:id:Tora_poke10:20160912190955j:image

皆さんどうも、とらです。

 

ORAS環境もいよいよ終わりを迎えました。みなさんは今どんな気持ちですか?

 

さて今回は、僕がS17で使用した構築についてまとめたいと思います。

 

始めに言っておきますが、レート2000を達成できなかった構築です。なのでわざわざ書くのもどうかと思ったんですが、もっと自分に選出能力、プレイングスキル(と少しの運)があれば上を目指せた構築だと感じています。

 

せっかくORAS最後のシーズンで使った構築ですし、2000に到達できなかった弱い自分に対する戒めという意味でも残しておこうと思います。もしよろしければ、読んでいってください。

 


f:id:Tora_poke10:20160912191006j:image

メガミミロップ 陽気ASぶっぱ残りH

猫騙し 跳び膝蹴り 電光石火 冷凍パンチ

 

前のシーズンで使ったのと同じ子です。電光石火を恩返しにしたり、冷凍パンチを切って毒々にしたり、Aを若干削って耐久に回したりと、かなり調整を繰り返しましたが、最終的にはこの子に落ち着きました。

 

電光石火は一度使うと病み付きになりますね。ステロ+猫石火でアローやリザードンを狩るのはもちろんですが、ガルーラやクチート対面で不意打ちを透かして択に持っていったり、舞ったカイリューが甘えて神速を撃ってこなかったところに刺さったりと、前シーズンにも増して有用な機会が多かったように感じました。

 

ただカバルカの並びや、マリルリウルガモス(炎の体)の増加により、動きづらさも増しました。環境はこの子に向かい風だったのかもしれません。

 

あと、裏にクレセリアがいるのに猫騙し持ってないガルーラでミミロップに居座ったお前、絶対に許さん。交換読みでガルド出して何度も葬られました。

 

実際多いんですよね…クレセ特有の釣り交換より上記のようなガルーラの居座りの方が圧倒的に多かった印象です。

 

 


f:id:Tora_poke10:20160912191022j:image

ガブリアス@タスキ 陽気ASぶっぱ残りD

地震 逆鱗 ステルスロック 剣の舞(岩石封じ)

 

この子も前のシーズンと同じ子です。ステロ枠も非常に迷走しましたが、一番安定してステロ展開できるのはこいつでした。

 

今シーズンはほとんど剣舞を撃つ機会がなかったので、シーズン終盤は岩石封じを搭載していました。でもこれもほとんど撃つ機会がなく、最後の一枠は結局迷走したまま終わってしまいました。

 

耐久相手に刺さる毒々や、ナットハッサム意識の炎の牙でも良かったかもしれませんね。

 

 

 


f:id:Tora_poke10:20160912191031j:image

メガサーナイト 控えめCSベース H調整

ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー(地) 挑発

 

今シーズンから新たに加わった2匹目のメガ枠。役割対象は前シーズンでニンフィアが担っていた範囲とほとんど同じです。

 

HPの実数値が157なんですが、これは元々身代わりを採用していた時の名残です。受けループの増加に伴い、挑発に変更しました。

 

対受けループを考えるなら、耐久に回しためざ炎サーナイトの方が安定しますし、実際にめざ炎サナでも潜りました。しかし、クレセドランに当たったときのサイクル戦はこの子でしか勝てないので、結局めざ地で挑発という欲張りな型となっています。

 

メガヘラも当然役割対象なんですが、今の環境準速しかいないのか、1度も初手で対面して勝てませんでした。なのでシーズン後半は初手対面したら大人しく引いていました。 

 

そして肝心の対受けループですが、初手グライオン地震を2発耐えられないのであまり勝率は良くありません。シーズン終盤には受けループとのマッチングがなかったので良かったですが、ここは大きな課題ですね。

 

レート上位にいくとガルーラしかいないので、シーズン後半はあまり選出できませんでした。

 

 

 


f:id:Tora_poke10:20160912191043j:image

ロトム@オボン 控えめHCベースBS調整

ドロポン 10万ボルト ボルトチェンジ 鬼火

 

今シーズンもドロポン鬼火を外した回数は数知れず。いつものミトム君です。

 

ファイアローマリルリスイクン性能を考えると、僕はもうミミロップのお供にこいつ以外は連れていけないっていうレベルで依存してます。

 

少しヒトムに変えて回した期間もありましたが、ヒトムはミミロップと同じく得意不得意がはっきりしたポケモンなので、個人的にはミミロップとの相性はごまかしの利くミトムの方がいいと感じました。

サンダーは相手のアローの交換読みフレドラが痛いので、その択を生まないミトムは本当に使いやすかったです。

 

また、今シーズンは少しDに振ったカバルドンが多かった印象です。無振りならドロポンで落とせるところをミリで耐えられ、あくび展開されるということがかなり多かったです。

なので、Bを削って少しCに振った方が良かったのかもしれません。

 

 

 


f:id:Tora_poke10:20160912191055j:image

ファイアロー@珠 陽気AぶっぱHS調整

ブレイブバード フレアドライブ 剣の舞 鬼火

 

前のシーズン置物だったこのファイアローですが、今シーズンは少し選出が増えました。ルカリオウルガモス入り、受けループ、バトンパにかなり当たったからかもしれません。

 

とはいえ選出は控えめで、バシャーモを選出画面で睨み付けるのが主なお仕事でした。6割近くバシャ出てきたけどね。

 

 

 


f:id:Tora_poke10:20160912191102j:image

ギルガルド@残飯 控えめSぶっぱH16n-1調整残りBCD

キングシールド シャドーボール 毒々 身代わり

 

完全にお留守番だったナットレイに代わり採用となった新たな鋼枠。今回はミミロップとの相性を考え、毒みが型での採用です。パーティーに一番最後に入ってきたポケモンですね。

 

初めは通称「トゲルンバ」という名前のナットレイで潜っていました。(トゲルンバをわかる人が読者にいるのかどうか…)

 

しかし前のシーズンと変わらず選出できない上に、自覚が欠片もなかったのでトゲルンバを解雇、その後ブラッキーを経て、ギルガルドに落ち着きました。ルカリオ入りに安定して勝てたのはこの子のおかげです。

 

準速ガッサにワンチャン掴むために最速での採用も考えましたが、準速でも大体のクレセは起点にできますし、パーティー単位で重いクチートへの遂行速度を高めるため、控えめで採用しました。

 

このポケモンのおかげでかなり戦略に幅が出たように思います。僕のパーティーに出てくるガブリアスはほぼスカーフなので、逆鱗読みで出せば起点にできます。ハマったときには十分な活躍を見せてくれました。

 

ですがやはり癖のあるポケモンですね。使いこなすまでには時間がかかりましたし、まだまだ理解しきれていない部分も多いです。

 

 

基本選出は

・ガブミミミトム

・ミトムミミガルドorアロー

・サナミトムガルドorアロー

大体この3パターンだったかと思います。

 

最高1937、最終1866でした。 

 


f:id:Tora_poke10:20160912191128j:image

最高レート時の画像がなかったので1900に乗った時の画像を載せておきます。

 

前シーズンなぜ2000にいけたのかっていうくらい今シーズンは苦戦しました。潜ってて正直辛かったです。

 

周りの方々を見ても2200、2100達成してるプレイヤーさんが多く、レート上位に居続けることの難しさと、自分の実力不足を痛感したシーズンでした。

 

構築は本当に考えに考えましたし、何度も調整を繰り返した上での結果なので、悔いはないですが、2000にすら届かなかったことはすごく悔しいです。

 

サンムーンでは絶対に強くなると心に決めました。発売までしばしの充電期間ですね。

 

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!